仕事のストレスを軽減するコツ

仕事のストレス軽減のコツ

仕事のストレスを小さくするコツは「小技(こわざ)をいくつか組み合わせる」ことです。

”いくつか”と言いましたが、その小技はできるだけたくさん組み合わせて使った方が良いです。なぜなら、ひとつ(もしくは少数)の技だけではそれほどストレスが軽くならない場合があるからです。効果が小さな技でも複数あつまれば相乗的に効果は大きくなるでしょう。

ここでは6つのコツを紹介します。ここで紹介する方法は特別なものではないので、普段からみなさんは自然に行っていることかもしれません。けれどもこれらの方法を”意識”して行うことで、より効果が大きくなる(仕事のストレスが小さくなる)と思います。

仕事は「ひとつずつ」片付けていく

同時にいくつかの仕事を平行してせず「ひとつずつ」仕事を片付けるようにしましょう。仕事の進み具合と残りの仕事量がわかりやすいため、ストレスがたまりにくくなります。

また、集中して取り組みやすくなるため、仕事の効率が上がります。

仕事の後、同僚と食事を楽しむ

もちろん、グチなど言いたいことを言い合える気のあう友人、同僚に限ります。

気を使う同僚や上司との食事は控えた方がよいでしょう。そのような人に誘われた場合は、適当な理由をつけて帰宅するようにしましょう。

仕事を家に持ち帰らない

どうしても仕事が終わらないときは、他の人に応援を頼みましょう。

自分でやらなければいけない急ぎの仕事の場合でも、家に持ち帰らずに、翌朝早めに出社するなどの工夫をしましょう。

勤務中に休憩時間をとる

疲れていると感じなくても、意識的に休憩をとりましょう。

「朝10時と午後3時は10分間休憩する」など、就業規則の範囲内で自分だけの「決まり」をつくると良いでしょう。

また、仕事中にアメやチョコレートなど軽いお菓子を食べるのも良いでしょう(ただし、コーヒーや紅茶など刺激の強いものは控えめに)。

仕事内容について、上司や同僚に相談する

難しい仕事を一人で抱え込まないことが大切です。先が見えないまま頑張り続けても、うまくいきません。あまりに時間が過ぎてしまうと周りの人に相談しづらくなります。できるだけ「早め」の相談を心がけましょう。

職場以外に趣味など楽しみを共有できる人間関係をつくる

趣味のサークルや習い事、友人、親戚など、気の合う人との交流はとても大切です。

職場以外の人間関係があると、心のバランスがとりやすくなります。利害関係がないので、グチなど自由に話ができるからです。

休日や仕事の後などのプライベートな時間に、人とのつながりを増やしていくような活動を取り入れてみるのも良いでしょう。