復学するときのポイント|うつ病、適応障害、起立性調節障害

復学するときの学校への対応は?

子どもが不登校になったり、起立性調節障害などで休学した場合は、治療中からクラス担任と連絡を密にとり、状況を伝えておくことはとても大切です。休学中のサポートや復学に向けての準備など様々な支援が必要になるからです。

復学にあたっては、担任の先生をはじめ、学年主任や保健室の先生と相談して、受け入れ体制を整えてもらうように依頼します。

また、復学の時期は、心理的負荷のかかる定期試験などの時期を避けるようにしましょう。

復学しはじめの時期は、ささいなことで本人の気分は不安定になりやすいものです。ちょっとしたことで機嫌を悪くしたり、クラスメイトとの関係で傷ついたりすることがあります。しばらくは情緒的に不安定になりやすいことを、先生に伝えておきましょう。

復学の第一歩は、学校に慣れること

本人は休学による勉強の遅れを気にして焦っています。勉強の遅れを取り戻そうと頑張りすぎることがありますから、無理をし過ぎないように周りの人の気遣いが必要です。

復学の第一歩は、学校生活に慣れる(学校で過ごせること)です。登校も毎日ではなく本人の様子をみながら少しずつ日数を増やしていきます。

最初のうちは緊張や不安で教室に入れないこともあるので、しばらくは保健室に通うのもよい方法です。調子がいいときは教室で過ごし、体調がわるいときは保健室で過ごすことを先生方に認めてもらいましょう。