【うつ病】再発の兆候、サインについて

うつ病の再発の兆候、サインについて

うつ病は、再発がとても多い病気です。

再発しないように心がけていても、様々なストレスが重なり、気がつけば調子が悪くなっている場合があります。

そのときに最も大切なことは、

「再発のサイン」にできるだけ早く気づくことです。

できるだけ早く再発のサインに気がつけば、問題が大きくなる前に、さまざまな対処をとることができるからです。

うつ病の高い再発率

一度うつ病になった人は、約60%が一年以内に再発するといわれています。

そして、再発したことのある人が再々発する率は、70~90%にものぼるともいわれています。

再発すると、「またふりだしに戻ってしまった」、「もう一生治らないんじゃないか」と考え、落ち込んでしまいます。

再発の兆候、サイン

うつ病の再発の兆候、サインとはどのようなものがあるのでしょうか?

家族や周りの人が、最初に気づくサインは、「表情が暗い」「笑顔が見られない」ことです。

本人は調子が悪くなっていることに自覚がない場合がありますが、周りの人は本人の様子や雰囲気から不調であることを察します。

次のようなサインが見られれば、うつ病が再発している可能性があります。

うつ病の再発のサイン

  • 十分に眠れていない様子
  • イライラしている、すぐに怒る、不機嫌な様子
  • 人を避けるようになった
  • 動きがにぶい、話し方がゆっくりになった
  • 口数が減った、ボーっとしている
  • お酒を飲むようになった、または量が増えた
  • 食欲がない、または食欲がありすぎる
  • 表情が暗い、笑顔が見られない

再発は本人も認めたくない

家族が再発に気づいてやさしく注意をうながしても、本人は聞き入れないことがあります。

以前に経験したどん底の気分に比べると、「まだ大丈夫」と思っているのかもしれません。

また、再発を認めたくないという気持ちもあります。

再発するかもしれないと覚悟はしていても、いざ実際に再発が疑われたときには、落胆し、否定したい気持ちになります。

早すぎる復職は注意が必要

うつ病は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ回復するものです。

回復したと思っても、すぐには安定しません。

再発のリスクが高まるのは、回復を実感するようになった頃(元気になり始めた頃)です。

回復してくると、職場への復帰が決まるなど、格段にストレスが増えるからです。

『来週から仕事に復帰だ…』
発病したときと同じ環境に戻る(それを考えるだけでも相当なストレスになります)

『今まで長く休んでいたし、これからバリバリがんばらないと…』
がんばりすぎてしてしまう

『もうこれ以上、人に迷惑をかけないようにしなくては…』
我慢をする、無理をしてしまう

うつ状態から回復してくると・・・

職場への復帰(うつ病になった環境に戻る)

多少の無理がきくようになるので、頑張りすぎてしまう

強いストレスがかかる、ストレスがたまる

再発のリスクが高まる

休職が長くなると、「職場から自分の居場所がなくなってしまうのではないか」とあせり、復職を急ぐ気持ちにかられます。

けれども、あせりは禁物です。

復職の時期が早すぎると、再発のリスクが高まります。

あせって、無理をして復職すると・・・

復職してしばらくすると、よく眠れなくなるかもしれません。
調子の悪さを自覚しながらも、なんとか頑張って出社します。
こうなると状況はさらに悪くなっていきます。
だんだんと朝起きるのがつらくなり、家を出る準備ができなくなります。

再発したときは、本人よりも家族や周りの人が先に気づくことが多いです。

再発を認めたくない気持ちがあり、また、自分を冷静に見る余裕がなくなるためです。

再発を認めたくない、自分を冷静に振り返る余裕がない ⇒ 自分では再発に気づきにくい

うつ病から回復したと思っても、すぐにすべてを元に戻さないように注意しましょう。

3ケ月~半年くらいの時間をかけて、あせらずに、ゆっくりと元の環境に戻していくことが大切です。

その際には、家族、職場の「理解と協力」が何よりも大切になります。

再発したときの対処を考えておく

うつ病の症状が少し落ち着いて、職場に復帰したり、家事を再開すると、本人はこれまでの遅れを取り戻そうと、無理をして頑張ろうとします。

うつ病が再発しやすいことはよく知られるようになりましたから、本人も気をつけているはずです。

しかし、先にお話ししたように、本人は気づかなかったり、気づいても何も対処しないことがあります。

その場合は、家族が早めに気づいて対応するしかありません。

うつ病の再発に家族はガッカリしますが、それは本人も同じです。

一番つらいのは本人ですから、そのことを批判せず、冷静に対処しましょう。

再発の兆候があらわれた時に「どのように対処するか」を、あらかじめ本人と相談しておくと良いでしょう。

前もって決めていると、いざというときに慌てなくてすみ、少し安心できるかもしれません。

注意! うつ状態から回復して、明らかに気分が高揚している、元気すぎるという状態であれば、双極性障害(躁うつ病)の「躁状態」の可能性があります。
様子がおかしいと感じたら、すぐに専門医に相談してください。