パーソンセンタード・アプローチ



パーソンセンタード・アプローチ( 人間性中心療法 )


人間の可能性を信頼するカウンセリング理論

アメリカの臨床心理学者 カール・ロジャース(Rogers,C.R. 1902-1987)の提唱した「パーソンセンタード・アプローチ/人間性中心療法」は、人の持つ「実現傾向*1」への信頼が根底にあり、その技法の最大の特徴は「非指示的*2」であることです。


*1 実現傾向(actualizing tendency)
「人間には生来の傾向として『適応・回復・成長』へと向かう性質がある」とする人間哲学。
来談者が潜在的に持っている回復力・成長力を信頼するというカウンセラーの基本姿勢に通じます。


*2 非指示的(non-directive)
パーソンセンタード・アプローチでは、カウンセラーは来談者にある特定の行動や考え方をするように助言や指導といった指示的な態度は基本的に取りません。
カウンセラーと来談者がありのままのひとりの人間としてお互いに向き合い、対話を重ねることによって、総合的・人間的な変容を自然な流れの中で実現していくことを目指します。



パーソンセンタード・アプローチでは、カウンセリングの場での主導権、話題の選択権は常に来談者の側にあり、来談者は話したいと思うことを自由に話していきます。
カウンセラーは、来談者の話すどのような内容も受容的、共感的に傾聴し、自らの経験や価値観から助言することを最小限に留めます。

人間の潜在能力である「実現傾向」を深く信頼するこのアプローチでは、心理学の知識や技法によって意図的に来談者の考え方や価値観を変化させるのではなく、来談者自身が自らの行動や考え方を洞察し、自らの力で変容していくのを支持します。


カウンセラーの備える「3つの基本的態度」

ロジャースは自身の臨床経験を通して、カウンセリングの場で最も重要なことは「カウンセラーの態度・在り方(counselor attitudes)」であると考えるようになりました。
そして、カウンセラーが備えるべき基本的態度として、次の3つが特に重要であるとの結論に至りました(the three 'Core Conditions')。

① 共感的理解*3

② 純粋性*4 / 自己一致*5

③ 無条件の肯定的尊重*6


*3 共感的理解(empathic understanding)
来談者の感じている苦悩や悲哀、怒りといった感情体験を最大限の想像力と共感能力を働かせてカウンセラー自身の感情として体験し、深い次元で共感的に理解しようとすること。

*4 純粋性(genuineness)
「カウンセラー」や「治療家」といった役割アイデンティティで自身を覆い隠してしまうことなく、「ありのままの純粋なひとりの人間」として来談者との対話に臨むこと。

*5 自己一致(self-congruence)
自己概念(self-concept)と自己経験(self-experience)が矛盾がなく一致していること。
つまり自分自身の心理的な問題を既に解決していて、心に苦悩や葛藤がない状態であること。
カウンセラーは自己の内面をよりクリアにしていくトレーニング(スーパーヴィジョン、教育分析)を継続的に受け、より高い自己一致の状態を保てるように日々研鑽します。

*6 無条件の肯定的尊重(unconditoinal positive regard)
「無条件の受容(unconditional acceptance)」ともいいます。
カウンセリングの場において、来談者が自由な話題で話すことを保証し、来談者の表現する感情体験、社会に対する態度、価値観の宣言、人生の選択などすべてにおいて、無条件に肯定的に受け容れること。


カウンセリング技法「積極的傾聴」

ロジャースは、カウンセラーは上記の3つの基本的態度を保持したうえで、来談者の話を遮ることなく傾聴に徹する「積極的傾聴(active listening)*7」という技法を用いることがカウンセリングにおいて最も効果的であると結論付けました。

現在、ロジャースのカウンセリング理論は、多くの心理臨床家にその価値を認められ、特に「カウンセラーの基本的態度」の概念と「傾聴」の技法は、カウンセラーだけでなく対人援助に携わるすべての人に必須のものとして受け入れられ実践されています。


*7 積極的傾聴(active listening)
カウンセラー自身の意見や考えを述べることを最小限に抑え、来談者の話す内容に集中して親身になって丁寧に傾聴すること。
話の途中にカウンセラーが口を挟むことで、来談者は思考を乱され、自分は何を話そうとしていたのか分からなくなってしまいます。
来談者が自分の思考と感情に意識を向け、その中に深く入っていくことで自己理解が深まり、悩みや症状が改善していきます。
カウンセラーが静かに話を聴くのは、来談者が深く自分の中に入っていけるようにするための重要な技法なのです。